借入で知っておきたい限度額について

 

銀行などからお金を借りる場合に多くの人が思う内容として、果たしてどの位まで借入をすることができるのかという点があります。この場合、金融機関は返済能力を踏まえて枠を設けることになり、借入限度額として提示されることになります。例えば住宅ローンの融資では、一般的には返済負担率を年収に応じて25%~35%以内としているところが多く、仮に年収400万円、30%の負担率で計算すれば、利息、元本を含め年間120万円が該当することになります。つまり、20年間でローンを組みたい場合には2,400万円が借入金の限度となります。お金を借りるケースの身近なものの1つにカードローンがあります。この場合、借入に関しては極度額という言葉が使用されますが、極度額と限度額は異なる意味を持つことを理解しておく必要があります。まず、極度額とはカードローン申込者が利用できる最大の金額のことを指し、同じ利用枠の意味は持つものの、利用状況や審査内容の条件を満足させることで初めて利用可能となります。つまり、限度額が最初から枠内であれば利用できるのに対し、極度額は、その後の内容によって利用できる範囲となります。

また、利用限度額は審査内容などによって増減されることがありますが、基本的に極度額には変更がない点が大きな違いとなります。限度額が最も理解しやすいものとしては、消費者金融等からの借入に対する総量規制があります。規制では年収の3分の1を超える貸付ができないように定めており、多重債務者を防ぐために設けられています。対象には消費者金融、信販会社、クレジット会社の3つがあり、銀行は対象外となります。同じカードローンでも、いわゆる銀行系カードローンは対象外となり、理由としては、消費者金融やクレジットカード会社に適用される貸金業法と、銀行に適用される銀行法との違いがあります。総量規制では、例えば、年収300万円であれば100万円が借入限度額となり、ポイントとしては、1社からのみの額ではなく、他社からの借入も合算された数字となることがあります。

借入した時の返済方法

 

お金がない時に便利なのがキャッシングやカードローンなどの少額融資です。また、家などを購入するときに借入できる住宅ローンなどがあります。このような金融商品は短期的に返していくものと、長期的に返していくものに分けられます。お金がない時や大きな買い物をするときには便利なものですが、借入したさいには必ず返済という義務があるため、借りるときには十分に返す計画などをしっかり考えてから借りることが大切です。ローンとの基本となる返済方法には様々な方法があります。元利均等返済は、元金と利息を含めた毎回が返す額が一定の方法になります。返す計画が立てやすいという反面、元金均等返済に比べて総合的に返す金額が大きくなるというのが特徴です。元金均等返済は、元金を均等に返していく方法です。返す額は当初が一番大きく、その後は徐々に減少していくという方法になります。総額的に返す額が少なくて済むというメリットがある反面、返す計画が立てにくく当初の額が大きいことで負担も大きくなります。

アドオン返済は、終了まで当初の借入額を元本として利息を計算する方法です。毎回の元金と利息が一定で、元金が減っていくにもかかわらず返す額は同じのため総合的には額が大きくなります。リボルビングは一定の利用限度額を設定し、毎月分割して返していく方法です。随時返すことが可能な方法となっています。このように返す方法は様々なものがありますが、ローンによって方法は異なってきます。基本的にローンの返済額は元金と利息の合計となります。そう返済額に占める利息の割合は非常に大きく、利息が5%で20年借りると仮定すると、利息の割合だけで元金の半分以上になってしまいます。借入する場合には、しっかり利息のことも考えてから借りることが大切となります。いくら借りれるかよりも、いくら返せるかを考えて、現在の生活に影響を与えない程度で無理のない借入をすることが重要です。

銀行系カードローンは

 

現時点でのキャッシングの申込方法には、インターネットを通じて行う申込と自動契約機を利用した申込があります。ネットを利用した申込に関しては、ローン申込から契約が完了するまで人と対面せずに進めることができるのが魅力です。申込申請方法の平易さ、審査結果が出るまでのスピード、入金までのスピードなどをベースに、おすすめの消費者金融をランキング一覧にして公開しております。専業主婦であろうとも、「総量規制」とは無関係の銀行でお金を借りるようにすれば、在籍確認はスマホなどの携帯だけで完了です。従って、配偶者が勤務している会社に電話連絡があるということもないです。評判の無利息キャッシングとは、定められた期間内ならば無利子で融資してもらえる太っ腹なサービスで、名のある消費者金融などが新規の利用者を得ることを企図して展開しているのです。

おまとめローンを頼んで返済の負担を軽減したいなら、当たり前ですが今までより低金利になる銀行を選ぶべきです。融資利率が割高のおまとめローンに変更した場合は、得する点は“ゼロ”であるということはお分りだと思います。近頃のキャッシングの申込方法で一般的なのは、Webで手続きする方法です。名前や年収など、いろいろな情報を入力して送信すると仮審査が実施され、あっと言う間に融資可能かどうかの答えが提示されます。よく知られている金融機関が提供しているカードローンの大概が、画期的な即日融資を前面に打ち出しており、申し込んだ当日に必要なお金を借りることが可能なので、本当に利便性が高いです。カードローンの審査というものは、申し込みをする際に記入する情報をもとにして、申込希望者の信頼度を計るためにに実行されるものです。きちんと返済していくことが可能かという安定感が必要とされます。「即日融資できます」となっていても、それを適えるためにパスしなければいけない条件は、事業者ごとにばらつきがあります。それらに関して、各々わかりやすくお話ししていきます。消費者金融の場合は依頼人のプライバシーを尊んでくれますから、お金を借りるに際して実施される勤務している企業への在籍確認に伴う電話も、消費者金融からとバレないようにしてくれますから問題なしです。

銀行系カードローンは、一般的に300万円以内の借入に関しては収入証明書は提示不要とされています。消費者金融と比較検討すると、その部分は手間要らずだと言うことができます。無利息期間を30日間と規定しているキャッシング会社が多数派ですが、例外的なものとして1週間という期間を設ける代わりに、借入金を全部返済すれば次月より同じ条件で借りられるところもあります。今ブームのおまとめローンの一番の目的は、複数の借金をひとまとめにし、これまでより低金利のローンに借り換えをして総返済額を減少させることなので、その点を心に留めた金融機関選びをすることが大事なポイントです。総量規制により規制が掛かるのは、個人が借金をする時だけです。そんなわけですから、一個人が仕事用の資金として借り入れるという時は、総量規制は適用外となります。大手が採用している無利息キャッシングは、「初めてキャッシングする方のみ」というルールのもと利用できる場合が大半ですが、借金を全額返済すれば次の月以降も無利息で融資してもらえるところも存在します。